読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PERFECTに願いを込める

京本ライン
 
高田翔
仲田拡輝
増田良
川島如恵留
アンダーソンケイシー
石川拓哉
 
 
京本ラインを知っていますか
上記の方々が一緒のステージで歌い踊っていたのを知っていますか
 
川島如恵留/Travis Japan
高田翔
増田良
 
 
気付けばジャニーズに在籍しているメンバーは半分に減り、
辞めていったメンバーはそれぞれの道へ
 
 
私は未だにこの人たちの映像を見ると心臓がギュッとなります
そしてなかなかいい集まりだったよなぁっておもいます
 
正式なグループ名があったわけでもないけど、
よくKAT-TUNのPERFECTを歌っていました
私が初めてシアタークリエでこの子達を見たときも
 
A.B.C-Z目当てで行ったのに、
クリエからの帰り道ではPERFECTを口ずさむ自分が居ました
 
本家のPERFECTをほとんど見たことがないので、失礼なくらい
今でもPERFECTを聞くと彼らが脳内で歌ったり踊ったりします
 
 
 
この間仲田くんが退所したようです
京本ラインと呼ばれる人たちはみんな真面目で、
どうなりたいかという夢を持った人たちの集まりだった気がします
 
それぞれに夢を追いかけて
夢のために事務所を去るもの、夢のために事務所に残るもの
どちらも間違いはなくて、どこまでも応援してあげたい気持ちになります
 
 
16年の9月にアンダースタディという舞台がありました
 
13年頃からジャニーズにいながらもお芝居メインの活動にシフトした高田くん
一緒に踊っていた時期から時を経て、
仲田くんと高田くんは同じ舞台で、2人の大好きなお芝居で共演しました
 
題材はアンダースタディ
 
代役。稽古段階から本役の代役をしたり、
本役が怪我等で出られなくなった場合に出演するアンダースタディというポジション
 
 
芝居上とはいえ、
いつまでもこのままでいいのか、もうやめたいというようなセリフを口にする彼らは
どこか現実味があって、ジャニーズJr.という危ういポジションに通ずるものを感じてしまいました
 
高田くんと仲田くんは
お芝居が好きな点や、親が沖縄の方という点だったり
長い時間を一緒にしてきた仲間として、どこか似た雰囲気を持っていました
 
本人達も雑誌等で言っていましたが、
二人がそろうと常にふざけていた記憶があります
(セクゾ横アリアンコでの鬼ごっこは忘れません)
 
なんというか本当に男子高校生の悪ふざけみたいな
 
 
でも、二人は真剣な話もきっとしてたんだろうなぁって思います
アンダースタディの期間に2人でよくご飯に行ってたと聞きました
 
たくさん話をして、たくさん共有して、
プライベートで仲良く会ったりするタイプではないんだろうけど、
でもお互いが分かり合える存在なんだろうなと思ってます(勝手に)
 
 
新しい道を見つけた人を引き留めたいとは思いません
心の底から応援したい
 
私はジャニヲタだから、ジャニーズの応援の仕方しか知らない
 
仲田くんがそっと見守っておいてほしいというような内容の
ブログを更新していたのを見て、
 
ようやく歩み始めた第一歩が奪われないように
大事な大事な一歩を陰ながら見守りたいと思いました
 
 
表に出る仕事をしてるんだから、見に行ってあげなきゃ意味がない
その気持ちもわかる
  
でもこれまでのような応援の仕方では、奪われてしまうかもしれないし 
誰もそんなこと望んでいない
 
 
 
高田くんは真剣にお芝居をするためにジャニーズ事務所を選んだ
理由は男の子に強い事務所だから
 
10代のころからこんなことを言うような子だった
 
頭の良い子なんだと思う
勉強できるとかそういう意味じゃなくて
 
 
その考えは当時から今も揺らぐことはなくて、ブレなくて、
まっすぐ芯の通った人なんだなと思います
 
 
お芝居をするために事務所を去る者
お芝居をするために事務所を選ぶ者
 
 
思えば今やドラマ等で活躍する永瀬匡くんもそうだった
 
 
でも数年後高田くんはドラマで永瀬くんと共演した
そんな巡り合わせがいつか仲田くんと高田くんにも起きないかな
起きてほしいな、と願っていたりします
 
 
 
 
一度きりのこの道だから
君が行くなら間違いないって信じてたい